【授業を休みたい】明日学校で倒れる6つの方法を紹介!

こんにちは!

ちくたくです。

学生の皆さん、

体育の授業嫌だから休みたいな〜

倒れる方法があれば休めるのに

と思ったことはありませんか?

また、中にはクラスメイトからいじめを受けていて、

いじめてくる人達の前で倒れたい

と思っている学生さんもいるかと思います。

いじめてくる人の前で倒れれば、いじめてくる人たちも倒れた自分のことを心配して、それ以降いじめが軽減するかもしれません。

しかし、

急に学校で倒れると言っても難しいですよね?

なのでちくたくが学校で倒れる方法を調査してみました。

そこで今回は「明日学校で倒れる6つの方法を紹介」というテーマでお話ししていきます。

学校で倒れる方法6選

それでは、学校で倒れる方法を紹介していきます。

学校で倒れる方法は、ちくたくが調査した結果6つほどありました。

その6つの方法が、

・徹夜をする

・ご飯を食べない

・有酸素運動をしまくる

・脱水症状になる

・しゃがんで深呼吸をする

・仮病を使う

以上の6つの方法です。

それでは1つずつ解説していきます。

徹夜をする

徹夜をすると、睡眠不足状態になり学校で倒れることができます。

睡眠不足になると神経系のバランスが崩れてしまい、失神するように倒れます

徹夜をすると言っても、1日2日では、倒れるまでいかないかもしれません。

徹夜はかなりしんどいので無理しないようにしましょう。

危険だと感じた場合にはしっかり睡眠をしてください。

ご飯を食べない

ご飯を食べない栄養不足になり倒れます。

人間は食事によって栄養を補給するため、何もしていなくても、食事をしないとエネルギー切れになってしまいます。

しかし、

この時水は飲むようにしてください。

水を全く飲まないと人間は3日で死んでしまうと言われているほどです。

なので、食事はしなくても水分は取ることは大切になります。

食事で1番エネルギーが補給できるのが朝ごはんです。

朝ごはんはその日活動するエネルギーを効率よく溜め込むことができます。

朝ごはんを食べないと倒れやすくはなるでしょう。

有酸素運動をしまくる

ランニングや水泳など有酸素運動をしまくると酸欠になり倒れてしまいます。

有酸素運動は、軽度な負荷をかけ、酸素と血中の糖分からエネルギーを生成しながら長時間行う運動です。そのため、血中の糖分が不足するとめまいやふるえなどの症状が出て、低血糖になる恐れがあります。

https://www.zenplace.co.jp/column/medical/4780.html より引用

ちくたく自身も中学生の時に部活動のアップとランニングで無理したら、練習メニューを決める話し合いの最中に倒れたことがあります

その時は、瞳孔が開いてかなり眩しく、気づいたら倒れてました。

なので、過度な有酸素運動をすると倒れてしまいます

脱水症状になる

夏場直射日光が当たる暑いところに水分も取らずにずっといると脱水症状になり倒れます。

体内の水分が2%失われるとのどの渇きを感じ、運動能力が低下しはじめます。3%失われると、強いのどの渇き、ぼんやり、食欲不振などの症状がおこり、4~5%になると、疲労感や頭痛、めまいなどの脱水症状があらわれます。そして、10%以上になると、死にいたることもあります。人間にとって水分の摂取は、欠かすことができないとても大切なものなのです。

https://www.otsuka.co.jp/nutraceutical/about/rehydration/water/dehydration-signs/ より引用

このように、体内の水分4〜5%になると脱水症状になり倒れます。

正直この状態であれば、倒れなくともしんどいので学校を休むのが適切でしょう。

しゃがんで深呼吸をする

しゃがんで深呼吸をするという方法が、倒れる方法として1番使われています。

深呼吸をするとリラックス状態になるため血圧が下がります。

その状態でいきなり立ち上がると、貧血状態になり倒れることができます

立った瞬間に天井を見上げるように思い切り首を上げるとより効果があるようです。

ちくたくも試しにやってみましたが、倒れるまで行かないものの、貧血っぽくなりふらふらしました笑

効果はかなりありそうです!

仮病を使う

個人的には仮病を使うのが倒れる方法として1番おすすめできます。

仮病は何より自分の体調を崩さずに倒れることができ、ノーリスクだからです。

仮病は、上記の体調を意図的に崩す方法よりも手軽にできる倒れる方法になります。

しかし、

立った状態から急に倒れるのは怖いですよね。

座った状態から立ち上がる際に少しよろけるとよりリアルになり安全です。

大事なのは演技力なので、倒れた後は虚な表情をするようにしましょう。

学校で倒れる方法6選まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、学校の授業を休みたかったりいじめを受けていてしんどいという学生さんに向けて学校で倒れる方法を紹介しました。

学校で倒れる方法は6つほどあり、

徹夜をする

ご飯を食べない

有酸素運動をしまくる

脱水症状になる

しゃがんで深呼吸をする

仮病を使う

の6つです。

この中でも個人的には体調面を考えて仮病を使うことをおすすめします。

正直言ってしまえばどの方法もかなりしんどいことを覚悟した方が良いです。

それを考えても授業やクラスメイトからのいじめがしんどい時は、親や学校の先生、相談所などに相談しましょう。

1人で抱え込まないようにしましょうね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 名無し より:

    言っとくけどここに書いてある方法で倒れるのは本当に辛いからそれでもいいって言う覚悟が無いとやらない方がいいよ。
    授業サボりたいとかいうしょうもない理由だと絶対後悔する。