安全に熱を出す5つの方法を紹介!【学校を休みたい】

こんにちは!

ちくたくです。

毎日授業を受けるのが嫌で、学校を休みたいと思っている学生の方は多いですよね?

ちくたくも小学校、中学校、高校と結構な頻度で学校を休みたいと思っていましたよ!

しかし、

学校を休むためにはそれなりの理由事情がなければ休むことはできません。

学校を休むために皆さん一番に思いつくのが熱を上げることだと思います。

菌を体の中に取り入れて病気になったり、寝不足や寒暖差が激しい状態だと熱が上がるイメージです。

しかしこの方法ではたとえ学校が休めたとしても、家でしんどい思いをするだけです。

なので、今回ちくたくなりに安全に熱を上げて学校を休む方法を調査してみました!

今回の記事は安全に熱を上げたい学生さん必見の記事となっております。

そこで今回は、「学生必見!安全に熱を上げて学校を休む方法」というテーマでお話していきます!

安全に熱を出す5つの方法

それでは早速、安全に熱を出す方法を紹介していきます!

ちくたくが調査した安全に熱を出す方法5つほどありました。

・体温計の温度をごまかす

・たくさん運動をする

・熱がある演技をする

・血管を温める

・食べ物や飲み物で体の芯から温める

以上の5つが安全に熱を出す方法になります。

それでは1つずつ紹介していきます!

体温計の温度をごまかす

体温計の温度をごまかすことでも安全に熱を出して学校を休むことができます。

正確に言えば、熱を出さずに体温計の温度だけを上げるということですね。

安全に熱を出すということは、病気になったり体調を崩さずに熱を出さなければいけません。

皆さんは体温計の温度を上げるためにあれやこれややったことはありますか?

なかなか思いつきで体温計の温度を上げるのは難しいですよね笑

しかし、

体温計の温度を上げる方法はたくさんあります!

学校は37度以上の熱が出ていれば休むことができます。

つまり、体温計の計測値を37度以上にしなくてもいいのです。

ちくたくの過去の記事で体温計で37度以上の熱を出す方法も紹介しているので参考にしてみてください!

こんにちは! ちくたくです。 皆さんの中で、 「明日学校休みたいな...

また、体温計の温度を37度以上にするための道具が何もない場合もあります。

出先とか学校ですとなかなか準備はできませんよね、、

そんな方向けに、道具なしで体温計で37度以上の熱を出す方法も紹介しているので是非参考にしてみて下さい!

こんにちは! ちくたくです。 どうしても学校を休みたいと思っている学生の方向けに...

たくさん運動をする

たくさん運動をして発熱して一定時間安全に熱を上げることができます。

運動すると筋肉が熱生産を起こし体の中心部から体温が上がってきます。

しかし、運動すると汗をかきますよね?

人間は汗をかくことによって体温を下げるという生理現象があります。

なので、体温が下がる前に体温を測って親に報告する必要があります。

しかし、

安全に熱を出すために「たくさん運動する」と言ってもどんなことをすればよいのでしょうか?

簡単にたくさん運動するには、ランニング50m走がオススメです!

ただし、汗をかきすぎるとどんどん体温を下げてしまうので、体温計で測ったり、親に伝えるときは運動後の熱が下がりきる前にしましょう。

熱がある演技をする

安全に熱を出せなければ、熱がある演技をして学校を休みましょう。

熱がある演技をすれば安全に熱を出した定にできます。

人間が熱を出すということは、体に異常がある状態であるということです。

体に異常がある状態ということは、安全ではないですね。

そのため熱がある演技をしてうまく親を説得して学校を休みます。

熱がある演技をするのですが、この時に大げさな演技をしすぎないようにしましょう。

控えめな演技を親の前でして、親から声をかけられるのを待ちます。

そして、声を掛けられたら、

実はさっき熱があったんだよね

と、すでに体温計で熱を測ったことにします。

熱があっても学校に行こうとしたという姿勢を親に見せれば学校を休むのを許してもらえるはずです。

血管を温める

血管を温めることでも安全に熱をだすことができます。

体内で作られた熱エネルギーは血液によって運ばれます。

そのため、血管を直接温めれば全身に熱を送ることが可能なのです。

血管を温めるときは、蒸しタオルを使って血管を温めます。

蒸しタオルは濡れたタオルをレンジで温めるか、お湯で浸したタオルを絞って作ります。

蒸しタオルを作ったら、血管が太い部分に当てて体温を上げます。

血管が太い体の部分は、

・首すじ

・わきの下

・太ももの付け根

などが挙げられます。

この部分に蒸しタオルを当てて安全に熱を出しましょう。


食べ物や飲み物で体の芯から温める

安全に熱を上げたいときは、食べ物や飲み物で体の芯から温めます

体を温める食材には以下のようなものが挙げられます。

体を温める食べ物(冬が旬、寒冷地で育つ、地中で育つ、暖色系、水分が少ない、発酵食品)
・ニンジン
・カボチャ
・タマネギ
・レンコン
・ゴボウ
・ジャガイモ
・自然薯
・玄米
・鮭
・納豆
・キムチ
など
出典:ココカラクラブ

これらの食材が体の心から温めてくれます。

主に寒い地域で採れるものが多いですね。

これらの食材をたくさん食べてから、毛布布団にくるまってじわじわと体温を上げていきます。

これで安全に熱を出すことができるでしょう。

むしろ安全に熱を出しながら、健康になりそうですね!

安全に熱を出す5つの方法まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は学校を休みたい学生の方向けに、安全に熱を出す方法を紹介しました。

今回ちくたくが調査した結果、5つの安全に熱を出す方法がありました。

その5つの方法は、

・体温計の温度をごまかす

・たくさん運動をする

・熱がある演技をする

・血管を温める

・食べ物や飲み物で体の芯から温める

となります。

学校を休みたい学生皆さんは、これらの方法を試してみて、安全に熱を出して学校を休んでみてください。

他にも、熱を出して学校を休む方法を紹介している記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください!

1時間以内に熱を出す方法3選!【今すぐに熱を出したい人向け】

明日の朝37度以上の熱を出す方法5選!寝るときにコレをするだけ!

最後まで読んでいただきありがとうございました。