クラスに馴染めない人の8つの特徴【クラスに友達がいない】

こんにちは!

ちくたくです。

新学期は、新しいクラスメイトとの出会いが待っています。

すんなり馴染んで、友達ができる人もいます。

逆に、なかなかクラスに馴染めず友達ができない人もいますよね。

クラスに馴染めなくて悩んでいたり、辛い思いをしている人は少なからずいます。

今回は、クラスに馴染めない人の8つの特徴を紹介します。

そこで今回は、「クラスに友達がいないクラスに馴染めない人の8つの特徴」というテーマでお話していきます。

クラスに馴染めなくて悩んだり、困っている時は、参考にしてみてください。

クラスに馴染めない人の8つの特徴

クラスに馴染めない人はそれなりの特徴があります。

では1つずつクラスに馴染めない人の特徴を紹介していきますので、以下の項目で当てはまっているもがあるのではないでしょうか。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人は、相手が理解できるよう言語化することが苦手です。

また何を話せばいいか分からず、自分の話ばかりしてしまうことがあります。

相手との距離感が分からずに、引かれてしまったり、視線を合わせることすら出来ない場合もあるでしょう。

その結果、相手に

何を考えているのか分からない人

と思われたり、会話するのが面倒だと思われてしまい、クラスに馴染めない場合があるでしょう。

人付き合いを避ける

学校生活では、選ばれた特定のクラスメイトと集団生活をしなければなりません。

クラス単位でも、グループ単位でも、人付き合いをしなければならない場面は多くあります。

それは、クラスメイト全員にとってそうです。

皆、程度の違いはあれど、多少は我慢や努力をして人付き合いしている部分はあるもの。

そこで人付き合いを避けることは、周りが努力して行っていることを放棄することになります。

協調性がないという印象を与え、クラスに馴染めないのかもしれません。

クラスメイトに無関心

相手の話を聞いていない

興味のない素振りをしている

そういう態度を取れば、それは相手に伝わります。

相手の話を聞いていなければ、途中で話題を振られたり、意見を求められても対応できず、会話がスムーズに進みません。

それだけでなく、

この人は他人の話を聞いていない

と、相手からの信用を失う場合もあるでしょう。

そのため、クラスに馴染めないのです。

空気が読めない

空気が読めない人は、周りの気持ちや考えを察する力が弱いです。

そういう人は、自分の発言が誰かを傷つけたり困らせたりすることを想像できません。

そのために、容易に人を傷つけてしまうことがあります。

また周りの雰囲気を察して行動することもできないため、集団行動で波風を立てやすい傾向にあります。

そう言った人は、協調性が必要となるグループ行動にそもそも向いていないため、必然的にクラスに馴染めない場合が出てきます。

人の悪口が多い

人の悪口が多い人は、周りから信用されないものです。

なぜなら、大抵の場合悪口はどこからか漏れてしまいバレるものだからです。

悪口を言った相手だけでなく、周囲からの信用も無くなります

また悪口が多い人という印象があると、人が近寄って来なくなります。

人の悪口が多い人は、一緒に過ごす時間も会話の大部分が悪口でしょう。

そんな人と一緒にいるのは楽しくないですし、信用できない相手とは気心の知れた仲になることは難しいからです。

そのために、クラスに馴染めないこともあるでしょう。

基本ネガティブ

ポジティブな人の周りは、明るく元気があるように感じたことはありませんか。

また、常にイライラしている人の周りで、同じようにイライラした雰囲気を感じたことはありませんか。

このように「感情」は、周囲の人間に伝染します。

そして、ポジティブな感情よりもネガティブな感情の方が人に伝染しやすいという特徴があります。

側にネガティブな人がいる場合、自分自身もネガティブな感情になる可能性が高まります。

そして、ネガティブな感情によりストレスを感じ、グループやクラスの環境悪化に繋がりかねません。

そのため、ネガティブな人は避けられる傾向にあり、クラスに馴染めない場合があります。

話しかけられてもほぼ相槌

会話はよくキャッチボールに例えられますが、会話を続けるためにはお互いに話題を提供していく必要があります。

相手の話に、「うん」「そう」などの相槌だけで返していると、すぐに会話が途切れてしまいます。

相手からも会話を続ける意思や努力が見られないと思われて、そっけない印象を与えてしまうことになります。

そっけない印象のある相手には、なかなか近寄り難いもの。その結果、クラスに馴染めていないのかも知れません。

自分勝手

学校生活では、協調性が求められます。

自分のことだけでなく、相手のこと、クラスのことを考えて行動することが求められます。

自分勝手に行動すると、

そこで自分の意見ばかりを優先させたり自分の好き勝手に行動する人は、その輪を乱す存在、そして周囲を振り回す存在として厄介な人だと思われてしまうでしょう。

厄介な存在として避けられているため、クラスに馴染めないのかも知れません。

クラスに馴染めない人の8つの特徴まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまでは、クラスになじめない人の8つの特徴について紹介してきました。

もし、自分がクラスに馴染めなくて悩んでいるという人がいれば、一度これらの特徴に当てはまっていないか確認してみてはいかがでしょうか。

自分がどの特徴に当てはまっているか分かれば、それに対する改善策も見えてきます。

改善することで、クラスに馴染めるきっかけができる可能性もあります。

クラスに馴染めないから、と諦めてしまうのではなく、変わろうと思えたのであれば、それは大きな一歩です。

いい方向に繋がるといいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。